岡山注文住宅|分譲住宅の家づくりならプロズジャパン

注文住宅に関する豊富な経験を生かしお客様から頂いた様々なご質問にお答えします。

一生に一度の家づくり。世界にたった一つの住まいを建てたい…。でもわからないことが多くて不安ですよね。
プロズジャパンでは、注文住宅建築に関する豊富な経験を生かし、お客様から頂いた様々なご質問にお答えしています。ご覧ください。
※お知りになりたいQ&Aがない場合は、ぜひご質問ください。

注文住宅に関することなら、どんなことでもご相談をお受けしております。

土地・プランに関して

まだ土地を購入していないのですが、相談できますか。


不動産の情報、自社土地も多数揃えております。住宅のご提案とあわせてお話をお話させて頂きます。
たとえば、ご購入をお考えのお土地にはどれぐらいのボリュームの住宅が、それぐらいのご予算で建つかといった内容です。


まずは弊社にご来社頂き、是非コンサルタントにご相談ください。


(あくまでも概算になります。プラン作成とは異なります。なおこのご相談には地積測量図などのご資料をお持ちいただく場合がございます。予めご了承ください。)

プランをお願いしたいのですが、どのような流れでしょうか。


まずはご連絡頂き、モデルハウスへお越しください。一番最初にお客様の家づくりのお話をお伺いいたします。


お客様がどういったことを大事になさっておられるのか。まずはざっくばらんに家づくりへのこだわりをお話し下さい。


そして弊社の家づくりもお話しさせて頂きます。
弊社の家づくりの考え方にご共感頂ければ、プランをお申し込み頂ければと思います。

手がける住宅は大きな家ばかりのような印象を受けますが、狭小住宅はできますか。


はい、もちろんできます。土地の大きさは関係なく、その土地にあった世界に一つだけの注文住宅をご提案させて頂いております。


そのために、弊社ではプランニングのご依頼を頂いてから、まずは現地を調査させて頂きます。
用途地域など法的な制限はもちろんのこと、近隣に建つ住宅の窓の位置などの周辺環境もしっかりと確認させて頂きます。


土地の形状や条件は気にせずに、お話をお聞かせ頂ければと思います。

家を建てる際に注意するポイントは何でしょうか?


家づくりをするには、できるだけ早い時期から家族の意見を調整しておくことが大切です。


今の家のどこが使いづらいかといった不満や、新居ではどんな暮らし方をしたいのかなどを家族で話し合います。家族一人ひとりの生活時間帯や趣味など最初のヒアリングで伝えるべきことも話し合っておきます。


暮らしの中でどれをもっとも大切にしたいのか、優先順位を決めておくことも大切です。
プロズジャパンでは、ご家族の状況、ご意見を踏まえた上で、ご相談をお受けし、暮らし方等じっくり話し合っていくことで、お客様のライフスタイルに合わせた、ロングライフの家づくりをご提案します。

検査・アフターに関して

注文住宅の建築中の建物のチェックはどのようにされていますか。


プロズジャパンの注文住宅は、建築の品質管理について、社内での工程ごとに行う独自のチェック体制に加え、必ず第三者機関を使い、図面チェック、現場検査、保証を行っております。


お引渡しの際には、検査報告書と保証書をお渡しし、ご安心いただいております。

竣工・引き渡し後のアフターケアはどうなっているんでしょうか?


アフターケアについては、万全の体制で大きな安心と信頼をご提供させて頂いており、お客様の入居後の生活をサポートさせて頂く事も大事な仕事と考えております。


構造躯体に20年保証を採用し、1年点検・5年点検・10年点検といったきめ細かなメンテナンス体制で、信頼と安心をご提供させて頂いております。


長期アフターメンテナンスシステムとして、竣工検査後、2年目無料点検、5年目無料点検、10年目無料点検で専任スタッフが年数に応じたチェックシートを用いて、目視または治具を用いて検査・調査します。点検結果をもとに、メンテナンス必要箇所を提案させて頂いております。10年定期点検時に有料メンテナンスを実施の場合には、保証を10年追加します。

予算に関して

注文住宅の家づくりにかかる金額は全体でどのくらい考えたらよいでしょうか。


家づくりにかかるコストに関しましては、土地の状況や、ご要望によって様々です。


ひとつひとつの素材を選びながら、できるだけご要望に沿うものをご提案していくことと同時に、分かりやすい透明性のある適正なコストでのご提案をしていきますので、注文住宅ならではの家づくりを楽しむことができます。


費用につきましては、詳しくは御相談ください。

予算の相談もできるのでしょうか?


注文住宅の価格、もっとも気になる部分ですね。予算の相談はもちろんできます。予算の相談なしでは計画も立てられません。夢の住宅を実現するのに、予算の計画なしでは出来ません。


一般的にはどなたでも総費用の予定はもたれているはずです。総費用の大小に対して、住宅の工事に使える費用を概算的に提示します。希望と条件を加味した計画が可能かどうかの打ち合わせになるでしょう。

住宅の規模にも設備にも夢を持たれているでしょうから、予算よりもオーバーすることもありますが、建築家としては経験の例を出しながら、予算に対して提案します。


住宅ローンでお悩みの際には、是非御相談ください。

プロズジャパンの住宅に関して

自然素材の利用によるメリットはなんでしょうか?


見た目の爽やかさ、手触り、香り、時を経るごとに深まる風合いなど、自然素材には工業製品にはない温かみが感じられます。

また木や土壁などは、湿度が高いときは湿気を吸い、乾燥したときは水分を放出して湿度をコントロールする働きがあり、人に優しい環境をつくってくれます。
でも、生きている素材ですから湿気や乾燥によって、膨張・収縮して反ったりすることもあるので、こうした性質を理解した上で取り入れたいものです。

快適で健康的な居住空間を維持しながら、自然素材に囲まれた空間、健康住宅で過ごすのはいかがでしょうか。

プロズジャパンさんの実際の注文住宅の建物が見られる住宅展示場はありますか。


岡山市北区芳賀の「サンノゼの丘」で、当社のモデルハウスをご覧頂けます。

また、定期的に竣工現場見学会を行い、建築をされるお客様をご案内させていただいております。

また見学会とは別に建築をされるお客様に、建てる家のイメージに近い、実際にお住まいになっていらっしゃるお客様の家をご案内させていただいたりしております。
住宅展示場とは違い、実際に生活をされていらっしゃる家をご覧いただけますので、住まい心地や実際の住んでみての雰囲気、色々な角度からの見た目などお施主様のお話しも含めて、その場でご確認頂けます。

構造にご興味のあるお客様へは、建築中の現場のご案内もさせていただいておりますので、一度ご連絡ください。

省エネに関して

次世代省エネ基準とは?


次世代省エネ基準は、国土交通省の外郭団体、(財)建築環境・省エネルギー機構によって認定される評定で、高断熱・高気密・計画換気の確かな施工により、住宅性能の向上を目指す、欧米並の高性能住宅施工基準です。

建築主の判断基準による性能規定かもしくは、設計・施工の指針による仕様規定により、次世代省エネ基準を満たす住まいを建てることができます。

平成11年に改正されていますが、主な改正のポイントとしては、断熱・気密化の進展です。暖冷房が前提の現代では、断熱・気密性が低い住宅では、エネルギー効率が極端に悪いと言えるためです。

プロズジャパンの外・内断熱のW断熱の家は、住宅性能表示制度の温熱環境を標準仕様でクリア。次世代省エネ基準に適合しています。

シックハウス対策は大丈夫でしょうか?


シックハウス症候群、ご存じですか?新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、のどが痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。まだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると健康に有害な影響が出る恐れがあります。

プロズジャパンは、住宅性能表示制度の空気環境における「ホルムアルデヒド放散等級」で最高ランクの4を標準仕様でクリア。自然素材を使用することで、ノンホルマリン・ホルムアルデヒド不検出のシックハウス対策を行っています。

ページの先頭へ