安心保証

10年の瑕疵担保責任保険

・住宅事業者は、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分の瑕疵に対して引渡しから10年間、住宅取得者に対し、補修または瑕疵によって生じた損害を賠償する責任を負っています。
 
・対象住宅の瑕疵(欠陥)に起因して構造上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさない場合、または雨水の侵入を防止する部分が防水性能を満たさない場合を、「事故」といいます。
 

 
・対象住宅に保険対象となる「事故」が発生し、住宅事業者(被保険者)が瑕疵担保責任を履行するために行う補修の費用、または補修に代わる損害賠償金について、日本住宅保証検査機構(JIO)が保険金を支払います。

 

 

つまり、隠れた欠陥があった場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任を負い、上記の保険を用いて無料で補修する義務があるということです。

 
構造上主要な部分...基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材(筋かい、方づえ、火打材、その他これらに類するもの)、床版、屋根板または横架材(はり、けたその他これらに類するもの)で、当該住宅の自重もしくは積載荷重、積雪、風圧、土圧もしくは水圧または地震その他の震動もしくは衝撃を支えるもの。
雨水の侵入を防止する部分...①住宅の屋根もしくは外壁またはこれらの開口部に設ける戸、枠、その他の建具。②雨水を排除するため住宅に設ける排水管のうち、当該住宅の屋根もしくは外壁の内部または屋内にある部分。

20年地盤サポートシステム

・土地の「見えないリスク」を評価。災害リスクをしっかり把握し、設計・防災計画のアドバイス、提案を行います。
 
・ジャパンホームシールド株式会社(JHS)による正確な地盤の評価、データを基にした精度の高い解析を提供。不動沈下しない、安心できる地盤の品質保証。
 
・ 「疑わしきは地盤補強」をなくし、根拠が明確な地盤対策を提供。間違った土質判断に基づいた過小設計、良質地盤で杭を打つといった過剰設計を回避します。

 
        
 

信頼できる第3者JHSによる、安心の品質保証。地盤改良をする・しないにかかわらず、20年間免責金額なしの全額保証です。

シロアリ予防工事・保証

・コンクリートの土間部分、地盤面より1mの主要木造部分にシロアリ防除工事を施します。
 
・建物からシロアリが発生した場合、発生箇所を無料で修復・再施工します。保証期間は防除工事日より5年間です。

短期・長期保証基準について